復讐のイマジン ネタバレ 8話【復讐対復讐】

被害者の桜子

 

そう、私の母親は5人殺した。

殺人犯の子には人権が無い

それでも

たった一人のを守るために

私は願い、

そして人が死んでいく

 

無料試し読みは↓ ↓ ↓をクリック

>> 無料で読んでみる <<

「復讐のイマジン」で検索です。

復讐のイマジン表紙

なお、上記の無料立ち読みサイトはrentaになります。

各巻で無料試し読みができるのでとてもおススメな電子書籍サイトです♪

 

復讐のイマジン ネタバレ 8話

7話のネタバレはこちらです♪

 

希望あふれる優しい世界。

 

 

復讐の旅に出ればこの世界はそうなる。

 

 

スノウは真冬の手を取り、

 

 

契約を交わす。

 

 

そんな時、

真冬はとある人間からのメッセージを受け取ります。

 

 

内容を読んで、真冬は迷うことなく物語を綴る。

 

 

 

復讐のイマジン 人の在り方。罪の在り処。

 

翌日。

 

 

桜子と真冬が登校していないことを話しこむ。

桜子のクラスメイト。

 

 

きっと呼び出しを受けているのだろう、と。

 

 

授業ではアパルトヘイトの概要が教えられていました。

 

 

 

人種差別の問題。

アパルトヘイトが廃止された後も人種差別は終わらなかった。

 

 

黒い肌を持ったがゆえに迫害され続ける少年。

 

 

いつしか少年はみ、

 

 

ついに人を殺してしまう。

 

 

人々は罵った。

 

 

“やはりその血は穢れて、汚れている”と。

 

 

先生は続けます。

 

 

その子は普通の子で。

誰か一人でもその子に手を差し伸べる者がいれば、

 

 

“その子はきっと歪まなかった”と…。

 

 

それは、

人の在り方と、罪の在り処。

 

 

復讐のイマジン 復讐対復讐

そして対峙する

 

 

真冬と桜子。

 

 

場所は自殺の名所と名高い山の奥。

 

 

桜子は問い詰めます。

 

 

どうしてヘアピンを壊したのか。

 

 

真冬は全てを察して。

 

 

聞き返します。

 

 

“仮にそうだとしたら、

君は僕をどうするつもりか”と。

 

 

桜子の怒りが爆発して、

真冬に馬乗りになって刃物を振りかざして…。